2018年6月23日土曜日

2018 LINEクリエイターズスタンプ GIMP作成方法。 (審査について現状も少し紹介)

私の活動ブログで、今回はLINEスタンプについて詳しく作り方を紹介したいと思います。
作りたい、作ってみたけどうまくいかない、などいろんな方の参考になったらうれしいです。

まずはじめに、私はフリーソフト、GIMPとInkscapeを使用してスタンプを作っています。
GIMPはフォトショップみたいな感じ、Inkscapeはイラストレーターみたいな感じ、らしいです。
フリーでできるのはいいですよね!

そこでGIMPをパソコンに入れていない方、ここに検索で見つけた、わかりやすい解説ページを貼り付けたので、まずはダウンロードからどうぞ!

https://gazocustomize.xyz/gimp-downloads/


私のスタンプ作成手順は

1、紙に絵を描く
2、スキャンする(※スキャナーが無い場合はカメラで撮影、パソコンに取り込む)
3、背景透過する
4、色を調整する・線を修正する
5、画像の拡大縮小、余白を作る
6、PNG化

の6工程。
※ペンタブを使用しないのは、苦手であるからと、手描きの質感が好きだからというのがあります。

では工程を一つずつ。


1 好きなスタンプにしたい絵を描きます。色つきでも、白黒でも。線が閉じていると後の選択で囲みやすいです。

2 スキャンが紙の色(白)がわりとはっきりして加工しやすいのですが、代わりに写真でもOKです。写真はなるべく明るいところで、影ができないように撮ってください。スキャナーとGIMPの接続は個人で頑張ってください。
写真の場合でも、スキャン後でも、背景色を統一するためにまず紙全体の画像の縮小。次にコントラストを画像が崩れない程度に高くする、明度をじゃっかん上げる。それでもムラがありダメならポスタリゼーションで色数を落としてみる。そして背景を均一にして透過に移ります。

3 裏技があります、色を透過する、を選んで白を透過しても、うっすらと色が残ることがあるのです。
ステップとしては。まず大枠を指定します。長方形の選択で1個のスタンプ絵を囲み、自動選択でctrlキーを押しながらで四角の中の背景部分を除外選択すると、絵全体が綺麗に選択できます。(ツールオプションのしきい値で選択の度合いを調整できますが、その場合はしきい値調整した後選択指定しないと反映されません。)絵を選択したら、コピー、ファイルの新しい画像を開き、そこに貼り付け、貼り付け直後、レイヤーの左下の新しいレイヤーを作るマーク、+の紙のマークを押して、背景に合体させないようにします。
念のため貼り付けし終わった後、場合によってはしきい値を上げ、透過されているまわりを選択し直し切り取り。
これで透過はほぼ完璧です。

4 色を付け加えたり、変えたりは、選択と着色または、選択と塗りつぶしを使います。画面を拡大すると選択されたか確認がしやすいです。絵のこの部分の色を再現して線を加えたいと思ったら、スポイトで色を抽出して、ブラシで描きます。レイヤーをいくつか使うと、修正に便利です。

5 画像は幅350px高さ300px以内の偶数に縮小、足りない場合は拡大します。そしてキャンバスサイズを幅370px、高さ320px中央に指定し拡大し、上下左右の余白を10pxずつ空けます。レイヤーをキャンバスに合わせるで、レイヤーもキャンバスと同じサイズにしておきます。
これでスタンプ化はほぼ終わり。

6 PNG化はファイル→名前をつけてエクスポートで.(ドット)のあとの拡張子をpngにして、とくにいじらずエクスポートをクリック。保存するファイルはご自身のファイルに。スタンプごとにファイルを分けると便利です。


あと透過の最終確認に、Inkscapeを使用します。
Inkscapeの新しい画像に背景を四角塗りつぶし(黒または空色)で作り、
そこにファイル→インポートで保存したスタンプ画像を一個一個インポートし、比率を鍵のマークで固定し、矢印で拡大、レイヤーの縁の縁まで消し残しがないか、スタンプ画像を選択しないで(枠を非表示にし)確認。あとはパソコン画面表面のくすみとかもあるかもなので、
矢印で移動させて、消し残しがあれば移動にくっついてきます。移動しなければ画面表面の問題です。
透過残しがあった場合はもう一度GIMPで開き消しゴムなどで消しましょう。



気になる審査の話もします。
今現在2018/6月は申請日の翌々日には審査が始まり、トータル4・5日で審査が終わり承認されます。土日に承認されることもあります。※審査日程は変動しています。

気をつける点は、著作権、似たキャラクターが無いか事前に検索しておくこと、友人などに客観的な意見をしてもらうこと。ジェスチャーなど他国の習慣に配慮したスタンプであること、不安または自由に描きたいなら販売エリアを日本のみにチェックすること。
もちろん公式ガイドライン(https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/)にのっとって作ってください。

透過がきちんとできていることと、この気をつける点を守ると、リジェクト(=ダメ出し)はほとんどありません。
ちなみにリジェクトのメール通知は件名にリジェクトと出るので、すぐ分かっていいですね。
承認もまたしかり。



最後に私のスタンプで一番人気のスタンプを紹介させてください。
https://line.me/S/sticker/1363731

 

線が透けて見えるので、トーク画面背景によって味が出るのでおもしろいかと思います。

他のスタンプも30件以上ありますので、
ぜひご覧ください。↓↓↓

moyuでした。

クリエイターページはこちら↓
https://line.me/S/shop/sticker/author/86724